• ホーム
  • 資産価値の下がらないタワーマンションの選び方

資産価値の下がらないタワーマンションの選び方

高級なマンションの部屋

新築のタワーマンションを購入する場合には、資産価値が下がりにくい物件を選ぶことが大切です。
分譲後20年も経たない間に、中古物件の取引価格が1割以下になるほどの大変動を経験したマンションもあります。
逆に建設されてから10年以上が経過しても分譲時と同水準の価格で取引されているタワーマンションも存在します。
マンションの資産価値は物価の変動や査定を行う不動産会社によっても大きな違いが出ることがありますが、10年・20年後も資産価値が下がりにくい物件を見極めることは非常に大切です。

一般的に建築年数が浅い新しい物件の方が資産価値は高いと思われていますが、多くの人が住みたいと思うようなマンションであれば古くても価格が下落しません。
築年数が経過すると設備が古くなってしまいますが、リフォームをすれば新築マンションと同じように最新の設備を設置することが可能だからです。
間取りや設備は後から変更ができても場所だけは変えることができないので、立地は非常に重要です。

マンションの価値を決める一番大きなファクターは場所であり、人気の高い街・エリアや駅の近くに立地しているマンションの下落幅は小さくなります。
駅の利便性や沿線の環境も重要で、駅の停車本数や移動時間でも物件の価値が左右されます。
ごく稀に、近所に新駅が設置されて地価が上がって資産価値が上昇するケースがあります。
現時点では駅から離れていても、近い将来に沿線に新駅が設置される可能性が高いエリアを見極めるという方法もあります。

災害リスクもタワーマンションの価値に大きな影響を及ぼします。
日本はどこに住んでいても大地震などの災害リスクがあるのですが、地盤によって建物の揺れや損傷に大きな違いがあります。
埋め立て地などのように地盤が軟弱な場所にある物件は人気が低いので、資産価値が下がりやすくなるので注意が必要です。

都会で利便性の良い場所は日用品などの物価が高いケースが多いのですが、中には周辺の地域と比べて相対的に物価が低い場所も存在します。
タワーマンションは生活をするためのものなので、生活必需品が安価で購入できる地域であれば人気が高くて資産価値が下がりにくいといえます。
人気の高いエリアを見つける際は、不動産会社が実施しているアンケート調査の結果などを参考にすると良いでしょう。

立地以外に資産価値に影響を及ぼす要因は、部屋の間取りや設備です。
設備が古くなり部屋が使いにくくなった場合には、リフォームをすることができます。
リフォームがしやすい間取りの物件であれば、建物が古くても高値で取引されます。
リフォームで壁を取り払ってリビングを広くするケースが多いのですが、このような場合はキッチン・トイレ・バスなどの水回りで部屋が分断されていない方が有利です。

サイト内検索
人気記事一覧