• ホーム
  • 未だに進化しているタワーマンションのセキュリティ

未だに進化しているタワーマンションのセキュリティ

最近は小規模な集合住宅でもオートロックインターホンや防犯カメラなどのセキュリティ設備が設置されていますし、普通のマンションでも有人管理が行われている物件も少なくありません。
タワーマンションでもモニター付きオートロックインターホン・防犯カメラ・管理会社による有人管理が設けられていますが、最新かつ強固なセキュリティシステムによって安全が保たれています。

大規模なタワーマンションは一般的な集合住宅と比較して居住者数が多い上に、郵便や宅配便などで外部の人が出入りする頻度が高いという特徴があります。
これに加えて企業の重役・幹部や政府機関の要人、外国大使館の職員などの重要な人物が居住する場合もあります。
タワーマンションのセキュリティ対策は重要性が高いので、多重ロックや有人管理などのセキュリティ対策を必要とします。
セキュリティ対策の重要性が増しているゆえに、タワーマンションの多重ロックや各種認証システムは進化を続けています。

最新のタワーマンションに設置されているセキュリティ設備として、多重オートロックシステムがあります。
これはエントランスを通過する場合だけでなく、専用のカードキーを使用しなければエレベーターホールに入ることができません。
エレベーターの中でカードキーをかざさないと、自分の部屋があるフロアまで上がることができません。
多重ロックシステムは外から自室に入るまでの間に4重のロックを解除しなければならず、部外者が館内に侵入することは不可能です。
最近はICチップが組み込まれたカードキーの他にも、顔認証や指紋認証でロックの解除ができる多重ロックシステムを備えたタワーマンションも増えています。

普通のマンションでもエントランスや廊下などに防犯カメラが設置されていますが、最新のタワーマンションには密室になるエレベーター内にもカメラが設置されています。
カメラの画像は常駐する警備員がモニターで監視しているので、一人暮らしの女性も安心です。

法律でタワーマンションには防災センターの設置が義務付けられているので、警備員が館内に常駐して常時監視が行われます。
普通のマンションでも管理会社から派遣された警備員が常駐している物件がありますが、週末や夜間は無人になってしまうケースが多いです。
タワーマンションであれば常に警備員やコンシェルジュが常駐しているので、万一の場合でも速やかに駆けつけてくれるので安心です。