• ホーム
  • 居住者に優しいキャピタルマークタワー

居住者に優しいキャピタルマークタワー

キャピタルマークタワーのマンション

タワーマンションは大切な「家」なので、利便性や安全性の高い物件を選ぶようにしましょう。
東京都内には駅近で交通の便が良いタワーマンションがあるので、都内で仕事をしている方の間で人気を集めています。
便利で安全性が高い賃貸物件を探している方には、東京都港区にある「キャピタルマークタワー」がおすすめです。
キャピタルマークタワーは建物の構造・共有施設・部屋の設備の点で居住者に優しいタワーマンションのひとつで、一部の部屋は賃貸物件として借りることができます。

キャピタルマークタワーは、東京都港区にあるタワーマンションです。
住所としては、東京都港区芝浦4丁目にあります。
2007年10月に竣工され、47階建てで総住戸数869戸と非常に規模が大きな物件です。
部屋の間取りは1LDK~4LDKで、一人暮らしの方向けの部屋も充実しています。
各部屋は二重床二重天井なので、上下の階の生活音を気にすることなく安心して生活ができます。
セキュリティ面では24時間有人管理が行われているだけでなく、2重オートロックシステムやコンシェルジュサービスが完備されているので安心です。

キャピタルマークタワーの最寄り駅はJR山手線田町駅で、マンションからは徒歩8分の距離にあります。
駅近で交通の便が良いので、都内のオフィス街へのアクセスに非常に便利です。
田町駅やマンションの周辺には手軽に食事ができるお店がたくさんあるので、独身貴族の方でも充実した生活を送ることができます。
共有施設にはスカイラウンジ・ゲストルーム・フィットネスルームなどがありますし、住戸内のキッチンはオール電化でディスポーザーが設置されています。
交通アクセス・周辺環境に加えて、共用施設・住戸内の設備が充実している点でも非常に利便性が高い物件といえます。

キャピタルマークタワーには免震構造が採用されていて、建物全体の重量は積層ゴムによって支えられています。
使用されている免震構造はウィンカー工法と呼ばれるもので、大地震の際に強いせん断応力を受けた場合でも積層ゴムを固定しているウイングプレートが鉛直方向に動くことで水平を保つ仕組みです。
積層ゴムを使用した免震構造であったとしても、大地震が発生するとゴムが垂直方向に大きな圧縮・引張力を受けることで建物が上下に振られてしまう場合があります。
ウィンカー工法であれば建物全体が常に水平に保たれるので、地震の揺れを軽減でき、安全性が高くなります。
免震構造とオール電化のキッチンによって、大地震が発生した場合でも居住者の安全が確保されます。