• ホーム
  • ペットが飼えるタワーマンションが増えている!

ペットが飼えるタワーマンションが増えている!

団地やマンションの多くは犬や猫などのペットの飼育が禁止されていて、小鳥や金魚程度しか飼育ができないケースがほとんどです。
タワーマンションの中にも犬や猫などの動物の飼育が禁止されている物件もありますが、最近は条件付きや特定のフロアでのみペットの飼育が可能なマンションも増えています。
独身で一人暮らしをしている方の中には、犬や猫を飼っている方も少なくありません。
ペットが居るという理由で、マンションで生活することを諦めている方もいるかもしれません。
犬や猫と一緒に生活をすることを希望する一人暮らしの方であれば、ペットの飼育が許可されたタワーマンションを利用することができます。

犬や猫の飼育が可能なタワーマンションの中には、動物が嫌いな人に配慮して特定のフロアのみ飼育が許可されているというケースがあります。
飼育が許可されているタワーマンションでは、条件や規約を守ることが求められます。

最近は、ペットに優しい共用設備を備えた高級タワーマンションが増えています。
エントランスなどの共用スペースの一角に、散歩から戻ってきた犬の足をきれいにするための専用の洗い場が設置されているマンションがたくさんあります。
犬の散歩で出入りする場合に利用するためのエレベーターやエントランスが設けられていたり、共有スペースの公園などにドッグランやシャワー・トリミングができる設備があるタワーマンションも存在します。

犬用の足洗い場があれば雨の日に散歩から戻ってきた場合に便利ですし、専用のエントランスやエレベーターがあれば他の住人に迷惑をかけてしまう心配がありません。
普通の集合住宅よりも高級タワーマンションの方がペット用の設備・施設が充実しているので、犬や猫と一緒にマンションで生活をしたい方におすすめです。

タワーマンションは一般的な集合住宅よりもペット専用の設備が充実している物件が多いので、そのような物件は犬や猫を飼育しやすいというメリットがあります。
それでもマンションで動物を飼育する場合には、きちんとマナーを守る必要があります。
排泄物などのにおい対策をし、共用スペースで他の住人に迷惑をかけないようにしつけをしなければなりません。
大型の洋犬はにおいが強いですし、マンション内で吠えたり暴れたりしないようにしつけをするようにしましょう。

犬を入れることができる公園などのようにペット専用の共用施設を備えたタワーマンションもあります。
このような物件を利用すれば、ペットと一緒に生活をすることが可能です。