• ホーム
  • タワーマンションの共有施設の充実度が凄い!

タワーマンションの共有施設の充実度が凄い!

タワーマンションのメリットは、交通アクセスが良好で眺望が良いだけではありません。
一般的な集合住宅と比べて、施設内の共有設備が非常に充実しているというメリットがあります。

一般的な集合住宅でも住民が利用するための共有設備があり、集会所や庭園などが設置されています。
ただし普通のマンションの共有設備は生活をする上で最低限必要なもので、リフレッシュをしたり贅沢な気分を味わうことはできません。
タワーマンションの住人は高収入の人が多く、施設内で体を動かし、仕事や気分転換をするための設備が設けられています。

ほとんどの高級タワーマンションに設置されている共有設備として、ゴミステーションや住民同士が交流をするための空間があります。
24時間利用可能なゴミステーションがセットされていれば、忙しい方でも夜間や早朝にゴミ出しができるので非常に便利です。

東京都内にある高級タワーマンションの中には、24時間利用可能なフィットネスクラブや25mプールなどが設けられているケースもあります。
高級タワーマンションに居住している人の中には企業の経営者や幹部、海外企業から赴任しているサラリーマンなどが多く含まれます。
仕事が忙しくて体を動かす機会が少ない人にとっては、マンション内に設置されているフィットネスクラブやプールなどの共用施設が重宝します。

リゾート地にあるタワーマンションであれば、24時間いつでも好きな時に入れる天然温泉のスパが設置されているケースもあります。
天然温泉を使用するスパが設置されているリゾート地のタワーマンションは、セカンドハウスとして人気を集めています。

最近は、マンションの中に住民専用の高級ラウンジやバーなどの共有施設が設けられているケースもあります。
一般的に大規模なマンションは、住民間の交流の場が少ないというデメリットがあります。
住人専用のバーやラウンジなどの空間があれば、気楽に隣人と親しくなることができます。
託児施設が完備されている高級タワーマンションもあり、子育てをしながら仕事をしている独身の住民にとっては非常に便利です。

充実した共有施設は、分譲時にセールスのために魅力的に見せるためのものではありません。
入居している住民が必要であるという理由で、充実した共有施設が設けられています。
タワーマンションは、忙しく仕事をしている人にとって便利な共有施設が完備されていることも魅力のひとつです。
物件を選ぶ際は利便性だけでなく、共有施設を比較すると良いでしょう。